4.

書き出し文例 (英文ビジネスメール)

いつもの書き出しを英語にしようとすると悩むもの

英文メールの書き出しも、定型を知らないと中々書くのに悩むものです。

特に日本では自然と使う「お疲れ様です」とか「ご無沙汰しております」などを英語にしようと思うと難しいですよね。でも実は、英文メールではこのような表現はなく、つけなくても別に失礼に当たりません。

その表現を探して時間のロスにならないよう、基本的な書き始めを覚えておくといいでしょう。こちらではメールの書き出しに使える例文、表現をご紹介します。


 

メールの受信者の適切な呼びかけ

相手の名前が分かっている場合

    • 社外で初めてのメールの場合は、Dear Mr.(Ms.) XXXXXX, (Family Name)
    • 相手が同じ会社の同僚の場合は、Dear XXXXXXX, (First name) でOK。

 

皆さんと呼びかけたい場合

    • Dear Colleagues, (同僚の皆様)
    • Dear all, (皆様)
    • Hello everyone, (皆さんこんにちは)

 

相手が他部署の場合

    • To the personnel department, (人事部宛て)
    • To whom it may concern, (ご担当者様)

 

英文メールの書き出し文例

基本、書き出しはメールの用件になります。

    • I am writing to you regarding ~ (~についてご連絡致します。)
    • I am writing to inform you ~ (~をお伝えしたくご連絡しております。)
    • I am writing to ask you ~ (~をお聞きしたく、ご連絡致します。)
    • I(We) would like to ~ (~させていただきたい。)

 

例 I would like to propose the following shipment schedule. 
(以下のような出荷スケジュールを提案したいと思っております。)

 

返信をする際の書き出し文例

「了解しました」程度の返信であれば、”I Understood your message.”というのもありますが、企業間よりは社内メール等の顔見知りの関係で使われることが多いです。通常であれば、このような形ですね。

  • Thank you very much for your e-mail. (メールありがとうございました。)
  • I received your request. (ご依頼は承りました。)

 

書き出し文例は覚えてしまえば、簡単です。数パターンストックして、ビジネスメール作成の効率を引き上げましょう。
書き出しの文は定型文なので、そこまでパターンはありませんが、本文は違います。込み入った内容の文章にはしっかりした構成の文章を書く練習が必要です。
myBerryの英文日記添削はアウトプット学習の中でも最も効率が良い形式です。まずは、myBerryで英文添削サービスを体験しましょう。

 
次のトピックは「本文文例」です。英文メールの本文では、日本人同士でのやり取りでは当たり前のことが必要ないなんてこともあります。英語で書くメール本文のポイントと文例をご紹介します。